iPadminiの紙フィルム、エレコムのケント紙タイプは紙に近い?書き心地に差は出るのか【レビュー】

ELECOMの紙フィルムの使い心地について

PR

気になる人

iPadに手書きしたいけど、ツルッと滑るのが気になる。

という時に、検討するのが紙フィルムですよね。

結論:ツルツル滑らないので書きやすいしストレスが少なくなった。
ケント紙(平坦)タイプは、ざらつきは少なめでサラサラした書き心地です。

フィルム貼ったら、なしには戻れない…。

むぎ

しかし、紙に近いまではいかないかなぁ。

メリットデメリット
サラサラの書き心地に
気泡が入らない
ペン先の摩耗が少ない
収納ケース付き
ロゴで上下わかりやすい

くもりガラスみたいになる
目がぼやける感じ
側面からスワイプスする時に引っかかる

目次

ケント紙タイプは紙に近いまではいかない

今回買ったのは、エレコム着脱式のケント紙タイプです。

ケント紙タイプなので、ざらつきはあまり無くて平坦。

質感はマットで、どちらかと言えばサラサラした感じです。

書きやすいけど、紙に近いとまではいかないです。

体感的には、紙と液晶面の真ん中あたりかな…。

フィルムの使用感

ペーパーフィルムの使用感をまとめました。

フィルムを貼ると滑りづらい

フィルムを貼ると滑りづらくなり、かなり書きやすくなります。

フィルムなしだとツルツルして、画面の表面をなでてる感じでした。

フィルムありだと、ペン先を動かしたときに、若干もったりした感じになるのが、今までと違う。

上滑りしないので、文字が乱れにくいです。

悩んでる人

ただ、元々の字が汚いため、ペーパーフィルムを貼ったからといって、美文字にはなりませんでした…。

目次へ戻る

カリカリ書く感じはない

カリカリ鉛筆で書く感触は、ないです。


ケント紙タイプは平坦だし、Apple Pencilのペン先が丸いので、カリカリした書き心地はムリなのでしょう。

ただ、平坦な分、ペン先の摩耗は少なくなります。

目次へ戻る

着脱式でぺりぺり剥がせる

着脱式は、両端の黒い部分が粘着性があり、ぺりぺり簡単に剥がせます。

ノリなども残ることはなく、またすっと貼り付け可能。

粘着性が落ちてきたら、水洗い推奨と書かれていました。

目次へ戻る

紙フィルムのデメリット3つ

紙フィルムのデメリット4つです。

つけたまま使った場合のデメリットです。

ペーパーフィルムはカンタンに外せるけど、それでも面倒なんですよね。

目次へ戻る

くもりガラスみたいになる

つけると、くもりガラスみたいになります。

iPad miniの画面がキレイなだけに、落差が激しいです。

クリア差がかなり違う

漫画、小説読む時はクリアな画面で見たいので外したくなります。

特に小説。
文字がぼやけるのが違和感があるので、つけたままは読みづらい。

目次へ戻る

目がぼやける感じ

クリアじゃないので、文字を読むときに、自分の目がぼやけているような錯覚があります。

ただ、三日くらいすると慣れました。

目次へ戻る

側面からスワイプスする時に引っかかる

ペーパーフィルムが、厚みがあるので、側面からスワイプすると指に引っかかります。

使ってるうちに、引っ掛けないようにスワイプするようになっていきました。

そのうち慣れます。

フィルムは厚みがある

目次へ戻る

紙フィルムのメリット4つ

エレコムの紙フィルム(ケント紙タイプ)の良い点です。

書き味はあるとなしではやはり違う

書き味はあった方が断然書きやすいです。
ツルツル滑らないので、字が落ち着いてかけるんです。
手書きをたくさんするなら、あった方がいい。

目次へ戻る

右上のELECOMのロゴで上下わかりやすい

紙フィルムの右上の枠部分にELECOMのロゴがあるおかげで横持ちにした時に上下がわかろやすい。

横で持った時に、ペンを止めておる部分が上に来て欲しい時に、目安なります。

目次へ戻る

気泡は入らずぴったりくっつく

気泡が入らず、ぴったりくっ付きます。

何度か着脱してますが、気泡は入らないです。

ペン先の摩耗は少ない

ケント紙タイプは平坦な分、ペン先の摩耗は少ないようです。

私は読書ノートをつけるために買った

私が紙フィルムつけたのは、読書ノートをつけるためです。

書き心地良くなると、iPadの手書きがはかどる

手書きが楽しくなり、より書き味の良さを求めました。

エレコムにしたのは

・ケント紙書きやすそう
・着脱式便利
・紙に近くなるかも?

と期待して購入。

紙まではいかないものの、かなり書きやすくなったので、満足はしてます。

目次へ戻る

サラサラ書きたい人にオススメ

ケント紙タイプは、平坦なのでサラサラ書きたい人にオススメです。

ざらざら系のフィルムより、ペン先が摩耗しにくい利点があります。

デメリットは、本を読む時はクリアにしたいので外したくなること。

着脱式なので取り外しは簡単。収納ケースがついてるので、フィルムの置き場所に困ることはないです。

目次へ戻る

ELECOMの紙フィルムのまとめ

紙フィルムを剥がした様子

サラサラとかけて滑らず書き心地がアップします。

ケント紙は平坦でザラザラ感はないものの、その分ペン先の摩耗は少ないのが利点。

そこまでザラザラ感はなくていいけど、もう少し書き心地をよくしたい人にオススメ。

デメリットは、くもりガラスのようになり、本を読むときはぼやけるのが、気になるところ。

着脱しやすいタイプで、収納ケースもついているので、書く以外はさっと外すと割り切るのもありです。

むぎ

私は小説はスマホ、実用書など読書ノートはフィルムつけたままiPad miniで用途を分けてます。

書き味の変化を求めるなら、紙フィルム貼ってみるのもありです。着脱カンタンなので手軽ですし。

メリットデメリット
サラサラの書き心地に
気泡が入らない
ペン先の摩耗が少ない
収納ケース付き
ロゴで上下わかりやすい

くもりガラスみたいになる
目がぼやける感じ
側面からスワイプスする時に引っかかる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代2児のママです。育児中のママに向けてお役立ち情報を発信しています。IKEA、キャンプ好き。東京の西側に住んでいます。

目次