KindleをSiriが読み上げるの知ってた?iPhoneの設定方法を解説【オーディオブックになる?】

PR

気になる人

え?Kindleって読み上げ機能あるの?


あります。

iPhoneのSiriの機能を使ってKindleを読んでもらう方法です。

むぎ

読んでもらった瞬間は「うわー、棒読み。」と感じたけど、時短&読み上げてもらうの楽だし意外と使える印象。

活用パターンと設定方法をまとめました。

目次

活用するのは時短や楽して読むため

Siriの読み上げを使うのは、時短や疲れている時に楽して読めるから。

例えば、次のシチュエーションの時に使ってます。

「電車降りるけど、もう読み終わるから、あとはSiriに読んでもらおう」

「目が疲れてるから、読み上げてもらおう」

「あまり頭に入らない箇所は、Siriで読み上げながら目で追いかけよう」

AmazonのAudibleサービスに及ばないものの

「Kindle本を読んで欲しい。」

「図やイラスト、文字を見ながら読んで欲しい。」

と感じる時にも、使えます。

iPhoneの読み上げ機能の設定

iPhoneの読み上げ機能の設定方法です。

STEP
「設定」から、「アクセシビリティ」をタップ
STEP
読み上げコンテンツをタップ
STEP
「画面の読み上げ」をタップ
STEP
実行方法は、次の2つ(もしくは背面タップで設定を行う。)

1.指2本で上から下へ移動する

2.「hey、Siri画面を読み上げて」という。

ちなみに、指2本の操作は意外と難しい。なかなか読み上げないんです…。

画面読み上げが始まって、コントローラーも表示される。

背面ダブルタップで画面を読み上げる

また、設定により背面ダブルタップで画面を読み上げる方法もあります。

設定>アクセシビリティ>タッチ>「背面タップ」>「ダブルタップ」>「画面を読み上げる」で設定可能。

2本指での操作がうまくいかない人は、背面ダブルタップがスムーズです。

読み方がおかしい語句を登録

読み方が違う語句は、正しい読み方で読むように登録ができます。

ある本で、「〜の方」を「かた」と読むので、「ほう」と登録してみました。

では、登録していきます。

STEP
設定>アクセシビリティ>読み上げコンテンツ>読みかたをタップ
STEP
右上の「+」をタップ
STEP
語句に読ませたい文字を入力
代替候補に読ませたい読みかたを入力
再生ボタンを押して確認します。

Siriは、日本語の音読み、訓読みを文脈で判断しません。

本によっては、「◯◯の方」と出てくる読み方を、「〜かた」と読み続けたため、登録しました。

ただ、別の本では、「〜の方が◯◯◯です。」と「かた」と読んでほしい時もあるので、臨機応変に登録や削除をした方がいいです。

いまいちなところ。オーディオブックには及ばない。

使ってみて、いまいちだったところです。

補助機能なので、オーディオブックのような使用感は望めません。

途中で止まる

途中で止まってしまうことがあります。

本にもよりますが、画像が途中で多く入っていると止まることが多い印象。

逆に、画像が少ない本は止まることなく、読み上げ続けました。

棒読み

棒読みで、抑揚があまりないです。

平坦で淡々としたテンションでずっと読んでくれるので、こういうものかと思えば気になりません。

ただ、小説の朗読はむいてません。

アルファベットで読む

英単語で認識しないと、アルファベットで読みます。

例えばwebは「ダブリューイービー」。

よく出る単語は、語句を登録すれば、指定の語句で読みます。

知ってる英単語が流暢すぎる

知ってる英単語は、いきなり流暢すぎる発音で読みます。

例えば、「good Note5」は、いきなりのネイティブ発音。

一瞬、聞き取れなかったです。

漢字の音読み訓読みを判断しない

Siriは、漢字の音読み訓読みを、文脈から判断しません。

読み方を登録して、決まった読みかたを固定にする方法もあります。

文脈から、だいたい判断できますが、間違った読み方が続くと気にはなります。

まとめ:時短や楽に読書をする便利機能として、けっこう使えます。

オーディオブックぽく使ったり、目が疲れた時に読み上げてもらったりと、便利機能として優秀です!

読み上げる本は「電子書籍として作らている」「画像が少ない」「横文字が少ない」という本が適してます。

むぎ

通勤時の最寄駅から会社まで歩くときに、Siriに読み上げてもらってます。

意外と使える便利機能、ぜひ活用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代2児のママです。育児中のママに向けてお役立ち情報を発信しています。IKEA、キャンプ好き。東京の西側に住んでいます。

目次