アイロンビーズのおすすめセットは?セットの方が良いのはなぜ?

アイロンビーズおすすめセット

PR

 

むぎ
アイロンビーズって何が必要?セット買った方がいい?

という悩みを解決する記事です。

結論から言うと、セットの方が便利。作品作りがスムーズに進んで楽しいから。

 

アイロンビーズって、子どもには案外難しくて、遊びやすくするためアイテムを買い足すことになります。

私が、買い足したアイテムは

  • ピンセット
  • シリコンプレート
  • 透明プレート
  • 仕分けするケース
  • ビーズ白
  • ビーズ黒

の7つ。

むぎ
白黒ビーズは、ポケモンボールや虫作るのに大量に使ってなくなりました。

 

 

この記事でわかること

  • アイロンビーズに必要な道具
  • アイロンビーズの作り方
  • おすすめのセット

おすすめセットだけ知りたい人は、アイロンビーズおすすめセットへどうぞ!

 

IKEAのアイロンビーズとプレート買ったあと、アイテム買い足した2児のワーママが、解説します。

 

目次

アイロンビーズに必要な道具7

 

アイロンビーズに必須な道具とをあったら便利なものを、まとめました。

 

※は必須

 

アイロンビーズ

IKEAのアイロンビーズ2種類

 

もちろん、アイロンビーズ。

セットじゃなく単品で買うときは、最低限アイロンビーズとプレート、アイロンは必要。

 

むぎ
結局、あれこれ買い足すので、初めからセットの方が手間が少なかったです。

 

 

 

プレート(型)

IKEAのアイロンビーズプレート

 

アイロンビーズに必須なのが、ビーズをセットするプレートです。

星型、六角形、正方形、ハート、星形など色々ありますが、正方形は必須ですね。

 

5mmなら、どのメーカーのプレートでも合いそうですが、ハマビーズの単色(黒)を、IKEAのプレートに入れたら、少しきつかったです

 

アイロンビーズのプレートはどれがいいの?各プレートまとめの記事にも書きましたが、透明だと下絵を敷いてビーズを置くことができるので、おすすめです。


 

あと、シリコンタイプのプレート。

 

ビーズがずれにくいんです!

 

作ったあとに、プレートを動かしてビーズが崩壊とか、ほんとあるあるです。

間違っておいたビーズを動かすときも、崩れやすいです。

そういうとき、シリコンプレートなら、ずれにくいのでストレスなく子供でも遊びやすいです。

大人が作り直してあげる回数が、これで減りますよ…。

 


アイロンシート

アイロンシートは、だいたいアイロンビーズに付属されてます。

付属のアイロンシートがへたってきたら、家にあるクッキングシートで代用できます。

 

ちなみに、パーラービーズだと出来上がりがピカピカになるキラピカシートもあります。


 

アイロンと鍋敷

 

アイロンも、もちろん必要です。

家にあるアイロンでOK!

ちなみにテーブルの上でアイロンかける時は、なべ敷があると安心です。

むぎ
私は、子どものヤケドが怖くて、台所でアイロンかけてます。

 

 

 

ピンセット

 

なくてもいいですが、あったほうが絶対楽なのがピンセット。

並べたビーズを、あとから修正するとき、ピンセットがないと厳しい。

 

指で動かそうとすると、まわりのビーズが一緒に倒れます。。

 

お子さんと一緒に作る場合を考えると、2個あった方がいいですね。

 

 

むぎ
私は、パーラービーズのピンセットを使ってます(2個入り)

ピンセットは、アイロンビーズの中に埋めて収納。

 

 

収納ケース

ビーズ仕分けするケースがあると、作業がはかどります。

案外、作るのじゃなくて、仕分けするのが好きってタイプもいます。

 

むぎ
7歳娘は仕分けするほうが好き。

もしくは、アイロンビーズ作るの苦手な人は、お母さんビーズ分けてるね!と分担する作戦にも使えますよ。

 


 

 

アイロンビーズの本

アイロンビーズ必要な道具本

アイロンビーズの本は、ぶっちゃっけなくてもいいですが

「おかあさーん、なんか作って〜」

とか

「おかあさーん、なに作ればいいの〜?」とか

ざっくり子どもからリクエストされるんですよね。

 

そういう時

スマホで検索
→適当な図案見つける
→スマホがスリープに入らないようにタップしながら作る

 

とかしてると、すごく時間がかかります!

 

本、あると、便利です。

カタログみたいで可愛いし。

立体で作る方法なども載ってて、参考になります。


 

番外編:作りたい(好きなもの)があるか

 

 

「ほんとにアイロンビーズで遊ぶのかな?」

「すぐやらないのでは?」

 

と思う時は、子どもが好きなものをアイロンビーズで作れるか?も目安になります。

 

例えば

電車好きなら車両

ポケモンが好きならピカチュウ

などなど。

アイロンビーズ必要な道具むしIMG_4676

 

筆者の5歳息子は、虫が大好きなので、ひたすらカブトムシやクワガタを作ります…。

たまーにポケモンボール、剣や盾なども。

 

細かい作業も苦にならず、作りたいという情熱が高く、定期的にアイロンビーズで遊びます。

 

むぎ
対してマンガやゲーム大好きな娘は、思ったよりもアイロンビーズで遊ばずに卒業してしまいました。

ポケモン好きなので、唐突にポケモンのキャラクター作り始めました。

やはり作りたいものがあるかどうかですね。

 

 

アイロンビーズの作り方

 

■アイロンビーズの作り方

  1. プレートにビーズを置く
  2. ビーズの上にアイロン用シートを乗せる
  3. アイロンの中温で、シートの上からそっとおしあてる
  4. ビーズ同士が溶けてくっついたか確認しつつ、アイロンをかける
  5. ビーズがくっついたら、ビーズの温度が下がるまで放置
  6. ビーズからアイロン用シートを剥がす

という手順です。

 

強度を上げたい場合は、両面にアイロンをかけます。

 

両面かける場合は

  • 片面にアイロンをかけた後、シートをつけたままプレートからビーズを外す
  • 裏面にもアイロン用シートを乗せて、アイロンをかける
  • 熱でビーズが歪むため、真っ直ぐになるように本などの重しを乗せて冷ます

という工程。

アイロンビーズで一番難しいのが、アイロンをかけてビーズ同士をくっつけるところです。

  • アイロンが足りないと、強度不足でバラバラになりやすい
  • アイロンをかけすぎると、溶けてアイロン用シートにくっつく
  • アイロンのあて方にムラがあると、仕上がりが均一にならない

何回やってもうまくいかないことも、、。

コツは「低温〜中温」で少しずつ場所をずらしながらアイロンを押し当てる。

 

ゆっくり溶かすと、調整できて全体に均一になるように仕上げやすいです。

 

アイロンの掛け方は3パターン

アイロンの掛け方によって、仕上がりが異なります。

片面だけアイロンをかける

メリット:表面はアイロンをかけないので、仕上がりが均一になる。失敗が少ない。

デメリット:片面のみなので、両面掛けより強度が弱い。

IKEAの公式サイトの動画では、片面のみでした。

 

両面にアイロンをかける

メリット:強度が高く、ビーズ同士がバラバラになりにくい

デメリット:重しを乗せても、真っ直ぐにならず歪む場合がある。

 

穴がなくなるまでアイロンをかける

アイロンの穴が塞がるまで、熱を加えます。

メリット:ビーズ感が薄くなり、ドット絵になる

デメリット:綺麗に仕上げるのが難しく、ムラになり失敗する可能性が高い。

写真のアイロンビーズは、右側が穴を潰した状態、左側は穴が小さくなっている状態になってしまい、均一な仕上がりではない。

 

むぎ
私は、両面+穴が小さくなるまでアイロンをかけるのが好きです。

 

 

 

アイロンビーズおすすめセット3選

 

おすすめセットをまとめます。

 

 

それぞれの特徴は

  • 小さいお子さんと一緒に遊ぶなら、シリコンプレートが入っているスターターボックス
  • キャラものが良ければ、パーラービーズから
  • オプションや図案が豊富なNicoRate
  • オプションや黒白のビーズが豊富なハリスラボ

です。

 

メジャーなパーラービーズ

 

知名度が高いパーラービーズは

  • シリコンプレートがある(ずれにくい)
  • プレートの種類が多い
  • キャラクターのセットがある

というのが特徴。

 

公式サイトから図案を、たくさんDLできます。

またパーラービーズ公式の本ものも使いやすいです。

 

 

パーラービーズのスターターボックス

スターターセット

出典:Amazon

小さいお子さんと一緒に遊ぶなら、スターターセットがスムーズ。

なぜなら

  • シリコンプレート(ビーズがずれにくい)
  • 透明プレート
  • 透明プレートに重ねるイメージシート(図案)

 

がついてるので、失敗しづらいです。

シリコンプレートは、ビーズがしっかりはまるので、斜めにしても崩れません。

シリコンプレート

ビーズは16色です。

少ない?

いやいや、充分です。

どっちみち使う色に偏りが出てきて買い足すことになるので。

肌色で使うアプリコットが入ってるのでキャラクターも作れます。

 


 

プレートたくさんパーフェクトセット

パーフェクトセット1

出典:Amazon

プレートの種類が多いのが32色入ってるパーフェクトセット。

 

色も32色と豊富。

 

プレートは並べるだけで可愛くできます。

図案考えなくていいので、楽。

ハートのアイロンビーズ

色も揃えなくても、モザイク柄っぽくなる。

 

むぎ
このセットは、透明プレートとシリコンプレートは入ってないです。
パーフェクトセット2

出典:Amazon

 

パーフェクトなら透明やシリコンを入れてもいいのでは…と思わなくも。


 

ポケットモンスタークリスタルケースセット

ポケモンセット1

出典:Amazon

ポケモン好きならこれ。

ポケモンのケースにポケモンの図案とポケモンづくし。

アクセサリー用とキーチェーンもついてます。

ポケモンセット2

出典:Amazon

 


 


キラピカシートがついてるセットもあります。

 

フィルムのようなシートで、表面がツルッとなって光沢を持ちます。

キラピカシート

 


 

すみっこぐらしセット

すみっこぐらしのセットもあります。

キラピカと通常セットの2パターン。

 



 

 

 

NicoRate:48色DXスターターキット(5mm)

NicoRateの48色DXスターターキットは、オプションがとても豊富。

  • ビーズは48色
  • アクセサリーパーツ8種
  • 原寸大図案あり
  • 透明プレート6種
  • ピンセット2種
  • 白黒補充用ビーズ各500粒

と必要な道具はほぼ揃ってます。

似たようなセットのハリスラボと比べるとビーズが若干少ないです。

その分、ピンセットが種類違いが2本、アクセサリーパーツが一個多い、透明プレートが一個多いなど差があります。

 


 

 

ハリスラボ:48色図案100種類ビーズが多い(5mm)

ビーズの数で選ぶなら、ハリスラボ。

  • 色は48色
  • ビーズが10,000粒
  • 白黒MIX各750粒

と豊富。

白と黒は1番使うので、多く入ってるので安心です。

むぎ
白はポケモンボール作るのに大量に使いました。

原寸大図案や、アクセサリーパーツも多く、あとから買い足す必要がなし。

プレートも図案が敷きやすい透明タイプです。

 



買い足し用に夜行ビーズなんてのもあります。

 


まとめ:キャラものプレートはパーラー。オプションならNicoRate、ビーズならハリスらぼ

アイロンビーズ必要な童具IMG_6344

まとめます。

  • 小さいお子さんと一緒に遊ぶなら、シリコンプレートが入っているスターターボックス
  • キャラものが良ければ、パーラービーズから
  • オプションの豊富さから選ぶならNicoRate
  • オプションや黒白のビーズが多い方が良ければハリスラボ

です。

アイロンビーズは、時間を忘れて遊べるので、雨の日、真夏など出かけられない日の室内遊びに助かります。

作った達成感も味わえますし、長く遊べるので、コスパの良いおもちゃです。

むぎ
虫好きの息子のために、虫図案セットとかパーラービーズさん出して欲しいな。


 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代2児のママです。育児中のママに向けてお役立ち情報を発信しています。IKEA、キャンプ好き。東京の西側に住んでいます。

目次