また時間を無駄にしてしまった…。悪い習慣をやめたい人におすすめの本【自分のことは意外と分からない】

PR

悩んでる人

やりたいことがあるのに、またダラダラしてしまった。

ありますよね。

とは言っても、仕事に子育てに忙しい。
頑張ってるし、息抜きは必要。

心の中で思いつつも「ほんとは空いた時間を趣味や勉強、読書に使いたい

そんな自己嫌悪や、どこか焦燥感を抱いてる人に読んで欲しいのが、1日3分やめるノートの本。

むぎ

ポップな猫の表紙から、よくあるノウハウ術の本かな?と思って気軽に読み始めたら、違った…。

これ読んで、自分がなんで飢えるように無駄な時間を過ごしてしまうのかわかりました

あなたはやめたい習慣ありますか?

ついやってしまう習慣をやめたい!違うことに時間を使いたいと思ってる人に、ぜひ読んで欲しい本です。

目次

1日3分間やめられるノートとは?

長年カウンセリングを行ってきた臨床心理士の中島美鈴さんの著作です。

なぜやめられない習慣があるのか、どうしたら無理なく良い習慣に置き換えることができるのか。

よくある事例と共に、3分間ノートに日々、記録をつけるというシンプルで取り組みやすい方法で解説しています。

悪い習慣がやめられない理由

悪い習慣がやめられないのは、デメリットよりもメリットの方が大きいから。

「私たち人間は賢い生き物で、やめられない行動、習慣のメリットがデメリットを上回らなければ、その行動をし続けないことがわかっています。  つまり、お酒、タバコ、夜ふかし、甘いもの……、これらがもたらすデメリット(例:体に悪い)よりも、メリット(例:一瞬の快楽や現実逃避)が大きいのでやっぱりやめられないということです。」

—『脱ダラダラ習慣! 1日3分やめるノート』中島 美鈴著

うわー。納得。

悪いのはわかってるけど、なかなかやめられない。

そして、欲求を押さえつけるのはムリ(無理なダイエットでリバウンドするのと同じ)

では、どうすればいいのか?


欲求を満たす代わりになる良い習慣に置き換えていく。

ここまでは「なるほど」と読んでいきましたが

じゃあ、良い行動(代替え行動)に置き換えるために、あなたが本当に望んでいるものはなんですか?

という問いかけになる。

気になる人

「え?やめられないのは、楽しいからやってるだけ。」
「そこに理由なんかない。」
「本当に望んでることって?」

やめられない習慣は、本当は心の中で望んでいる何かがあってそれを満たしているらしい。

普段、ついついやってしまう行動には、暇つぶしや楽しい以外に理由があるの!?と意外に思いました。

読んでるうちに悪習慣の理由がわかった

やめられない習慣の裏には、本当に望んでることがあり、それを満たすためにやっている。

とは書いてあるものの、いまいちピンときませんでした。

が、本を読み進めていくうちに

「あ、私、コールセンターの仕事のストレスが凄すぎるんだ。」

「それを解消したくて、高揚感が得られて没頭しやすいなろうサイトの小説を貪るように、睡眠時間を削ってまで読んでしまうんだ。」

ということに、唐突に気づきました。

気付いたのは、本に出てくる4つの事例を読んで、自分と比較してたから。

事例は
・SNS依存の女性
・ゲーム依存の男性
・海外ドラマ動画依存の女性
・アルコール依存の男性

というよくありそうな例が出てきます。

私の状況にマッチする事例はなかったのですが、他人の事例を読むうちに自分のパターンはどうなんだろう?
と考えながら、進めていったら、唐突に気づきました。

ただ、ひたすらストレス解消したかったんだ!!

面白くなくても、高揚感が得られて、没頭できる小説に当たるまで、家事もやらず睡眠時間も削って、目が霞みながらも飢えるように漁り続けるのってちょっと普通じゃないとは思ってました。

意外と自分のことって気づきにくいものです。

本に出てくる事例に該当しそうな人は、本を読むと

「なぜこの行動をとってしまうのか?」

その理由に気づくかもしれません。

その理由がわかれば、良い習慣へと置き換えることができます。

やめたい行動に変わる代替え行動

やめたい行動・習慣で得られるメリットを、良い習慣に置き換える例ものっています。

私は、ストレス解消に、高揚感を得られて、没頭できるものを求めていたので

テンションが上がる音楽をきく、youtubeでミュージックビデオを見る、一人カラオケする
リングフィットでストレス解消をするなどと、代替え行動にしました。

初めたばかりですが、「ストレスが溜まっているから」ということに気づけたのが大きく、やめられない習慣を減らすことに成功しています。

具体的な手順は手帳に3分記録をつけていく

やめたい習慣を記録し、代替え行動を分析していく具体的な手順は、手帳に

日々の出来事
やめたい行動・習慣を行なった時間
本当に欲しいもの
行なった代替え行動

を書いていき、日々振り返っていくのがメインです。

やってみるとわかりますが、うわー!こんなにスマホ見てるのか!って思います。

iPhoneのスクリーンタイムを見ると、なろうサイト読んでる時間が平日仕事してる時間でも5時間以上とか
驚愕の時間叩き出してて、わかってたけど、数字で出されると衝撃がすごいです。

さっと書くだけなので、本の題名通り3分で終わります。

結論:自分の本当の望みに気づき良い代替え行動に置き換えれば悪い習慣にさよならできる

悪い習慣をやめるためには、自分の本当の望みに気づき
それを満たすことができる良い代替え行動に置き換えること。

言葉にすると抽象的ですが、自分の行動を日々、3分間ノートにつけることで、何がしたいんだろう?ということが見えてきます。

本には、あるあるな(SNS依存、ゲーム依存、動画依存、お酒がやめられない)事例がのっているので、

自分の場合は?と置き換えて読んでいくと、何が得たいために、やってしまっている行動かが、わかるかもしれません。

むぎ

私は唐突にストレス溜まってるんだ〜〜〜と気付きました。

やめたいのに、やめられない。
時間をもっと違うことに使いたい。

そのきっかけになる可能性がある本です。良書!

ちなみにKindleUnlimited対象なので、会員の方はサブスク内で読めちゃいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代2児のママです。育児中のママに向けてお役立ち情報を発信しています。IKEA、キャンプ好き。東京の西側に住んでいます。

目次