いまだに自分のやりたいことがわからない!そんな人は「やりたいことの見つけ方」の本でモヤモヤを解決しよう。

PR

気になる人

私のやりたいことって、なんだろう…?

もうずっとおぼろげに「やりたいことって何?」と思ってきましたが、いまだに見つからない。

この記事を読んでるあなたも、見つかってないから読んでるのではないでしょうか?

どうしたらやりたいことが見つかるのか、わからなくないですか?

「このまま見つからないままなんだろな」と思ってたところ、目について読んだのが

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方。

界一。ほんとに…?

結論から言うと読んでワークを実践したところ、いくつか見つかりました!

ワークを一つずつ進めていくと、自分が何を求めているのかが、見えてくる

そういう本でした。

むぎ

この本はとくにワーママに読んで欲しい!

なぜなら、子どもがやりたいことを捜すときにも役立つから

この記事でわかること
  • ワークを実践してどんな気づきを得たのか?
  • やりたいことに運命的な出会いはない
目次

この本を読んで得たこと

この本を読んで気づいたことですが

人生の目的、方向性、どう生きて行きたいのか、が言葉にできるようになった。

気づきを得たのは、本のワークの
「尊敬する人、好きなキャラクターは誰か?なぜ尊敬しているのか?魅力的に思うのか?」
の項目です。

私は、自分の中で考えた人の共通点を捜したところ

「信念を持って、ぶれずに生きている姿に魅力を感じている」のがわかった。

むぎ

自分もそう生きたい!と気づくことに。

「ぶれずに生きるためには、何をしたらいいのか?」

→「生き方に自信を持てばいいのでは…?」

得意なことを生かして自分に自信を持ちたい。

会社に決められた仕事をするのではなく、自分で選んで仕事をしたい。

という結論になりました。

得意なことはクセから見つかる

本に書かれている得意なことの見つけ方ですが

得意なことは「普段、無意識にしているクセから、見つかる」

とのこと。

気になる人

え?それって得意になるの?

って思いますよね。

私の場合、空いてるスペースがあると落書きするクセがありましたが、これを得意に落とすと

思考整理やマインドマップにまとめるときに、記憶に残るようにイラストを添えることでわかりやすく楽しく描ける。

という利点があること気づきました。

むぎ

完全に落書きなので、絵が上手いわけではないです。ただ、意識せず出来るのは苦労せずできることなので、それが利点になるのだと。

他にも絞り出していくと、いくつか見つかりました。

やりたいことは見つかったか?

ワークを進めていき、これかなぁ?と辿り着いたのが

ブログ(もしくはそれ以外)で、自分と同じ立場のワーママの生活への悩みや迷いに役に立つ情報を発信していく。

むぎ

「つまり今やってることだね…。」となりました。ただ、何を発信するか?ほんとにこれでいいのか?と言う迷いが確証に変わるところまでは得られませんでした。

「やりたいことは仮でもいい。」

「進めながら振り返って修正していく。」

という方向性でいいとのこと。

間違っていれば、ワークで出てきた自分の好き、得意、価値観を振り返り、修正できます。

まずは仮でも決めて進んでいくのが重要だと思います。

やりたいことに出会っても運命的な感覚はない

本では、「やりたいことの5つの間違い」が書かれてます。

その中で意外だったのが、

やりたいことを見つけた時には「運命的な感覚」はない、という内容。

著者によれば、やりたいことに出会っても「これだ!」と言っ運命的な感覚はない。

最初にあるのは軽い興味くらい。

「え?そうなんだ?」と思いました…。

むぎ

本やネットで、成功者のストーリーを読みすぎなのかもしれません。

大学の卒業式の有名なスティーブ・ジョブズのスピーチが好きですが、動画みるととてもドラマティックで運命的な感じがするんですよね。

そういった思い込みがあると、「運命的なものを感じないからこれじゃない。」と決めてしまい、いつまで経っても見つからないことに。

むぎ

私は、ずっとそのうち、運命的に出会うって思いこんでました。

この本はとくにワーママにおすすめ

この本は、とくにワーママにオススメです。


なぜなら、将来子どもが何をやりたいのか、何が得意なのか、日々の中で親が気づいて、それとなくアドバイスすることが出来るから。

この本で特に参考になると感じたのが、得意なこと、才能の見つけ方です。

いつもしているクセ(個性)は?
短所だと思っていたことが、長所になる。

最終的に、好きなこと、得意なこと、大事な価値観を組み合わせてやりたいことを見つけていきます。

なので、何になりたいの(職業)?ではなく、何が楽しいの?から、捜していく方がいい。

これ知ってるだけでも、子どもの得意なことを伸ばすのに役立ちます。

結論:自分が、好きなもの得意なものや大切な価値観に気づく一冊

自分のことが知って、それを活かすための本でした。

本のワークを進めていくと
自分が得意なもの
人生で大切にしている価値観
好きなこと
がわかり、それを組み合わせて、やりたいことを見つける本です。

ワークやると何かしらの発見があるはずです。

正直、もっと早くに読んでおきたかったなぁ。

むぎ

自分捜し終わらせたい、モヤモヤを解消したい、得意なことがあれば知りたい、という悩みが解決する本でした。

あと、子どもがやりたいことを見つける時にさりげなくアドバイスするために使えます。

なので、特にワーママに読んで欲しい本です。

ちなみに30日間無料のKindleUnlimited対象です(2023年7月時点。※タイミングによっては対象から外れてる可能性もあります。)

この機会に無料で読んでみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代2児のママです。育児中のママに向けてお役立ち情報を発信しています。IKEA、キャンプ好き。東京の西側に住んでいます。

目次