クアドリラの回転しながら落ちていくビー玉の動きにハマる。5歳児は組み立て難しかった。

クアドリラレビューアイキャッチ

PR

 

「木のビー玉転がしは多いけどクアドリラって楽しい?飽きずに遊べる?」

「5歳児は組み立てできる?」

 

という疑問に答えます。

 

実際に、5歳と7歳が遊びましたが、思ってた以上に盛り上がった!

 

むぎ
似てるおもちゃのくみくみスロープ(くもん)より、受けてました。

 

理由は

  • 床に転がるビー玉に大盛り上がり!「ビー玉を食い止めろ!」ていう違う遊びになったから。
  • グルグル回る螺旋状のビー玉の落ちる様子がクセになったから

 

という感じです。

 

この記事でわかること

  • 5歳児は組み立てできるか?
  • 飽きずに遊べるか?
  • デメリットは?

 

むぎ
ちなみに、今回のおもちゃは購入ではなくおもちゃのレンタルサービスでクアドリラを借りて使った感想です。

 


 

ビー玉の紛失にはちょっと気を使う二児のワーママが、書いてます。

 

目次

おもちゃのサブスクでリクエスト

クアドリラレビュー1

 

ボーネルンドのキドキド(室内遊び場)で、遊べるクアドリラ。

面白そうだなぁと親は思うのに、子どもがクアドリラで遊んでいるところをみたことがない。

なので、買う予定はありませんでした。

でも、気になってたので、おもちゃのサブスクでレンタルすることに。

クアドリラの取り扱いがあるキッズラボラトリー(おもちゃのレンタルサービス)で借りました。

 

むぎ
キッズラボラトリーは、玉の道で有名なキュボロや、テトラポットみたいな形が異色な積み木ネフスピールも扱っています。

結局、人気があるのか在庫不足などの理由でキッズラボラトリーでキュボロは借りられなかったです…。

 

5歳7歳児が盛りあがる。ビー玉が飛び出すのがウケた。

 

正直、あまり期待してなかったけど、遊んでみるとめちゃくちゃ盛り上がりました。

何が楽しかったというと、クアドリラのベーシックセットは、ビー玉が流れた終着地点のピース(受け皿)がない。

 

クアドリラ受け皿なし

 

なんでですか…。

それ重要なパーツですよね。

とツッコミたい。

 

ところが、ビー玉の受け皿がないため、どんどん飛び出てくるビー玉を食い止める!という遊びに変わり、これが盛り上がった。

 

終わったあと「あー、楽しかった。」と7歳娘。

 

想定してなかった遊び方で、盛り上がるのはよくありますよね。

すっかり気に入ったようです…!

でも、ビー玉の受け皿がないと、延々とビー玉が床に転がり続けるため、あった方がいいです…。

受け皿のビー玉キャッチャーは別売りのオプションになってます。今のところ、ビー玉キャッチャーが含まれているのはクアドリラ・ファニーファンクションセットのみです。


 

スパイラルパーツで流れていくビー玉がクセになる

 

クアドリラは、ぐるぐるビー玉が落ちて行って穴に吸い込まれていくスパイラルパーツがメイン。

綺麗なビー玉がグルグル回って中心に落ちていく様子がクセになって、延々と流したくなるしボーッと眺めてられます。

クアドリラビー玉流れる

むぎ
大量にビー玉を流すと渋滞するのも、面白いです。

レンタルしたセットには、ビー玉が50個入ってて、流し放題でした。

クアドリラのセットによって、ビー玉の数が異なりますが、大量のビー玉で遊ぶのがオススメ。

 

 

組み立てるのが意外と難しい。

 

クアドリラはシンプルなパーツのセットですが、組み立てるのは意外と難しいです。

基本的に、穴が空いている四角いパーツを重ねてレールを渡らせるだけ。

クアドリラレビュー組み立て

 

レールを組んだら、レールの穴を塞いだり、ビー玉の傾斜を調整する細かいパーツをセットすればできあがり。

クアドリラ調整パーツ

 

穴あきの四角いパーツや、レールの這わせ方を間違えると思い通りビー玉がすすみません。

なので

  1. 説明書をよく見て
  2. パーツを確認して
  3. レールを渡らす順序を確認して
  4. 穴を塞いだり、ビー玉の傾斜を調整するパーツを入れる

と考えないといけないのです。

結構、頭を使います。

残念ながら、うちの5歳児には難しく組み立てができなかった!

 

むぎ
お、おかしいな。プラレールとかレゴやって組み立て系、得意なはずなに…。

最初は難しくても、何度かやってるうちにだんだん出来るようになるんだと思います。

組み立て系は、久しぶりにやったら成長が見られて嬉しい!となるので、クアドリラは買っても良かったかなぁというおもちゃでした。

 

説明書のブロックの色がわかりづらい

 

説明書に書かれているブロックの色がわかりづらくて、組み立てるのに苦労しました。

青と緑がわかりづらい!

レンタルなので、印刷してパウチになっているからかと思いましたが、口コミでも似たような感想がありました。

四角いパーツは、色ごとに中の構造が違うので、色味は重要なのに…。

 

クアドリラ説明書

ブロックを置き間違えると、ビー玉は思った通りに進みません。

 

ベーシックセットのパーツ数は52。

クアドリラパーツ

 

ベーシックセットのパーツは全部で52。(シリーズによってパーツ数は異なります。)

多そうに見えますが、細かいパーツを抜かせば管理できる数です。

※右下のパウチの説明書は、おもちゃのサブスクサービス側で用意してるものです。

 

クアドリラパーツ2

 

穴が空いている長方形のパーツを柱にして組み立てて、レールと螺旋状のビー玉がぐるぐる回るパーツをセットします。

クアドリラパーツ3

 

組み立て方のパターンは多いです。

説明書の組み立て例は11載ってました。

 

5歳息子は1人では組み立てできず

 

クアドリラは結構むずかしいので、5歳息子は1人で組み立てるのは無理でした。

筆者(母)が「この部品どれー?」「これを組み立ててー」と指示しながら組み立てました。

 

クアドリラ組み立て息子

 

ほぼ母の指示。

むぎ
知育系のおもちゃで理想と違った時のパターンですね…。

 

 

クアドリラの対象年齢は4歳〜

 

クアドリラの対象年齢は4歳以降です。

ビー玉の誤飲の心配や、組み立ての難しさ、固定しないのでぐらつくという構造のため、4歳以降はでないと難しいと思いました。

うちの5歳は、組み立ては難しく出来ませんでした。

 

 

 

クアドリラは飽きる?長く遊べそう?

 

クアドリラレビュー1

 

クアドリラは、長く遊べるおもちゃです。

理由は次の通り

  • 難易度が上げられる
  • 積み木としても優れてる
  • 拡張オプションがある

 

難易度が上げられる

 

シンプルな仕組みの分、組み立てパターンが多いです。

年令があがったら難しい組み立て方にチャレンジできるので、長く遊べます。

 

積み木としても優れている

 

ビー玉がぐるぐる落ちる螺旋状のパーツの動きが見てて飽きないし、横長の道路や川みたいにも組み立てが出来ます。

積み木としても遊べると、遊ぶ機会が多くなります。

 

拡張オプションがある

 

拡張パーツがあるので、物足りなくなってきたら買い足して遊び方のパターンを増やせます。

例えば、ベーシックセットに買い足す拡張オプションは

  • スピードウェイセット

ブロックやカーブ、直線レール、シーソーが入ったセット

  • ミュージック拡張セット

ブロックやカーブレール、ビー玉が通過すると音がなる鉄琴のパーツなどが入ったセット。

  • ビー玉キャッチャー(2個セット)

ビー玉が出てくるところに置くビー玉の受け皿。

これは、遊び方を増やすのではなく、ビー玉が出口から散らばらないようにキャッチするオプション。

など。

 

クアドリラのシリーズ

クアドリラのシリーズです。

  • ベーシックセット

入門編。まずはここから。ベーシックセットだけで充分遊べます。

ビー玉キャッチャーは入っていません。


 

  • ファニー・ファンクションセット

メロディステップやクリア・フォールなど変則的な動きをさせるパーツやビー玉キャッチャーが含まれた盛り沢山セット。ビー玉キャッチャーも入っている。

 


 

  • クアドリラ・ツイスト&レールセット

クアドリラ・ツイスト&レールセットは、基本的なセット以外にスパイラルレールが3つも入ってます。

3つ。すごいです。延々とグルグル回るコースが作れます。

なおこちらもビー玉キャッチャーはありません。

 

拡張オプション

 

拡張オプションもあります。

  • スピードウェイセット

ブロックやカーブ、直線レール、シーソーが入ったセット


 

  • ミュージック拡張セット

ブロックやカーブレール、ビー玉が通過すると音がなる鉄琴のパーツなどが入ったセット。


 

  • ビー玉キャッチャー(2個セット)

ビー玉が出てくるところに置くビー玉の受け皿。

これは、遊び方を増やすのではなく、ビー玉が出口から散らばらないようにキャッチするオプション。


 

 

クアドリラのデメリット

 

クアドリラのデメリットは次の3つ

  • 価格がプラスチック系のおもちゃと比べると高い
  • 組み立てが意外と難しい。
  • パーツ同士をしっかり固定するタイプではないため、崩れやすい

 

材質が木のためプラスチック系より高い。

 

レールは木で出来ているため、プラスチック系のおもちゃより割高です。

木はどうしても高くなりますよね。

ただ、木の質感や螺旋状のパーツの綺麗さ、ビー玉の転がり方などプラスチックでは味わえない良さがあります。

木のおもちゃは価格よりも、木の良さのメリットを考えて選択します。

色々入っているセットは高額なので、最初は入門編のベーシックセットで遊ぶか見るのもありです。

 

組み立てが意外と難しい。

 

組み立てが意外と難しいです。

4、5歳の場合は、親が組み立てたり、手伝う必要があります。

パーツ数が多くないので、慣れてきたり、コツがわかれば1人でも組み立てられると思います。

 

固定するタイプではない。崩れやすい

 

クアドリラは、レールやパーツ同士をしっかり固定するタイプではないです。

凹凸に合わせて、組み立てていくだけ。

なので、高くすると崩れやすいです。

クアドリラ重なってるだけ

 

むぎ
固定タイプではないのも、難易度が上がる要素になります。

7歳の娘に「弟のために高く積む組み立てパターンで作ってみて」と頼んでみましたが

「もうやりたくない!!高く積むのやだ!崩れるの怖い!」とキレてしまいました…。

むぎ
そういえば、娘はカプラの積み木も高く積むのはNGだった…。

クアドリラは、横長にコースを作ることもできるため、高く積まなくても遊べます。

 

 

まとめ:飽きずに長く遊べて積み木としても優秀!組み立ては難しいので長い目で見る。

クアドリラは、飽きずに長く遊べて、積み木としても優秀なおもちゃです。

 

メリットは

  • シンプルな分、いくつもの遊び方ができる。
  • 積み木としても優秀。ビー玉が螺旋で流れる綺麗さや道路のように組み立てもできる。
  • 拡張オプションがあるので、遊び方に変化をつけられる。

 

デメリットは

  • 価格がプラスチック系のおもちゃと比べると高い
  • 組み立てが意外と難しい。
  • パーツ同士をしっかり固定するタイプではないため、崩れやすい

組み立ては意外と難しいです。

初めは親がコースを作ってあげながら、そのうち子どもだけで作れるようにフォローします。

プラスチック系のおもちゃより高額ですが、木ならではの良さがあるおもちゃでした。

グルグル回る螺旋状のビー玉の動きは、クセになる魅力があります。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 



 

キュボロが気になる人はこちらもCHECK

あわせて読みたい
キュボロを買って後悔?クゴリーノ(ジュニア)よりスタンダードにすれば良かった!?意外と遊ばない理... キュボロ買ってみたいけど、もし遊ばなかったらどうしよう? と、買うのを迷いませんか? 私は、さんざん迷ってキュボロのクゴリーノを買った結果「失敗した…。」と後悔...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代2児のママです。育児中のママに向けてお役立ち情報を発信しています。IKEA、キャンプ好き。東京の西側に住んでいます。

目次